新しい前立腺肥大症の内視鏡手術(PVP):泌尿器科:たかの橋中央病院
トップページへ
...Loading


*
トップページ / 泌尿器科トップ / ウロマスター
Loading

干渉低周波頻尿・尿失禁治療装置
        <ウロマスター> の治療を開始ました。

頻尿や尿意切迫感や尿失禁を訴える、いわゆる過活動膀胱の患者さんへの治療は薬による治療が中心になりますが、薬剤の効果が十分に得られなかった患者さんに対して当院ではウロマスターによる干渉低周波による治療も行っています。

ウロマスターとは

過活動膀胱・尿失禁に対する電気刺激法の一つで、下腹部と臀部に専用パットを4枚貼り、干渉低周波電流を用いて膀胱および膀胱周辺の排尿筋、骨盤底筋を刺激することで頻尿・尿失禁の改善が期待できる安全で簡単な治療法です。

ウロマスターの特徴

1.専用粘着パッドを下腹部と臀部に貼り、
 約20分間寝ているだけの治療です。 (着衣のままで可能です)

2.約70%の方に効果があるといわれています。

3.副作用もなく、高齢者や身体の弱い方でも
 安全・簡単に治療できます。

治療回数

最初の3週間は週2回程通院していただき、その後は2週間に1回程度です。

効果があがった時点で治療は終了となります。判断は医師とご相談ください。

費用

治療費用は保険が適用されます。

たかの橋中央病院でのウロマスター治療成績

(第22回日本排尿機能学会にて報告)

過活動膀胱治療薬では効果が得られなかった26例の難治性の過活動膀胱症例に対して、ウロマスターによる治療を行ったところ、過活動膀胱症状スコアが12週後には7.8から5.3に改善し、過活動膀胱症状スコアが2点以上減少した有効例は3週後に54%(14/26)、12週後では57%(13/23)となり、半数以上の方に治療効果を認めました。

通電療法は理学療法における物理療法の一つです。筋緊張の評価を含め、理学療法士が医師の指示の元で排尿チームの一員として過活動膀胱治療に参加することは、難治性過活動膀胱を含めた過活動膀胱治療の選択肢を拡げることができると考えております。

排尿障害を持つ患者さんは年齢も性別も様々で、原因疾患も前立腺肥大や過活動膀胱、から神経の病気により神経因性膀胱まで幅広く、その重症度も様々です。 たかの橋中央病院ではリハビリテーション科スタッフによる骨盤底筋体操などの運動機能の指導も行っていますので、お気軽にお尋ねください。


泌尿器科のコンテンツ
泌尿器科トップ 尿路結石の治療法 前立腺肥大症の治療法
前立腺がんの治療法 担当医ご紹介 排尿障害外来
間質性膀胱炎の治療法 間質性膀胱炎の治療法 ウロマスター
高密度焦点式超音波治療 HIFU 最近の主な発表論文

泌尿器科関連ページ

  • 泌尿器科トップ
  • 尿路結石の治療法
  • 前立腺肥大症の治療法
  • 前立腺がんの治療法
  • 担当医ご紹介
  • 排尿障害外来
  • 間質性膀胱炎の治療法
  • 光選択的前立腺レーザー蒸散術(PVP)
  • ウロマスター
  • 高密度焦点式超音波治療 HIFU
  • 最近の主な発表論文

medical information

  • 診療時間
  • 初めての方へ
  • 院内施設 部署ご紹介
  • 患者職員支援部門
  • 看護部のご紹介
  • アクセス
  • ご紹介での診察
  • 入院のご案内

other information

  • 病院概要
  • たかの橋通信
  • よくある質問
  • 個人情報
  • リクルート
  • 次世代育成支援対策について
  • お問い合せ
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ

介護老人保健施設陽だまり

たかの橋中央病院
〒730-0042
広島県広島市
中区国泰寺町
2−4−16
TEL:(082) 242-1515
FAX:(082) 249-4929

紙屋町から電車で10分
鷹野橋電停すぐ前
駐車場完備