下腿難治性潰瘍に対する新たな治療法:静脈瘤:血管外科外来:たかの橋中央病院
トップページへ
...Loading


*
トップページ / 血管外科外来トップ / 静脈瘤治療トップページ / 下腿難治性潰瘍に対する新たな治療法
Loading

下腿難治性潰瘍に対する新たな治療法:静脈瘤・血管外科外来

下腿難治性潰瘍に対する新たな治療法として、たかの橋中央病・血管外科外来では、高い治癒率を誇るSEPS(内視鏡下筋膜下穿通枝切離術)を行っており、その有効性、安全性などから厚労省より90弱ある先進医療の一つとして新たに認可されました。

何が新しいのか?
今までの治療法の問題点そして、それらを解決させた治療法

この下腿静脈うっ滞性潰瘍の治療として患部を切開し、効果的に病巣を治療をするというLinton式という手術方法がありましたが、以下の様な問題がありました。
直達式筋膜下穿通枝切離術(Linton手術)

  • 血行障害を来たしている皮膚病患部に新たな傷を加える。
  • 新たな潰瘍を作ってしまう可能性がある
  • 治療患部周辺などに感染したり、炎症を拡げてしまう可能性がある。
  • 静脈うっ滞性皮膚炎部の手術操作は出血を伴う。

内視鏡下筋膜下穿通枝切離術
この内視鏡下筋膜下穿通枝切離術は、以下の様な着眼点から確立されました。

  • 内視鏡での手術ができれば患部を切開せずにLinton手術が可能になるのでは?
  • 患部に触れることなく病巣を治療 できれば理想的である。
  • 患部に新たな傷を加えないことで、症状が拡大しない。
  • 大きく切開をする必要がないので、小さな傷口ですむ。

ポイント

先進医療

たかの橋中央病院・血管外科外来で行っております「下腿難治性潰瘍に対する新たな治療法(SEPS)」は、その有効性や安全性、技術の高さ等により、厚労省が認可しております先進医療の一つに加えられました。先進医療についての詳細は、下記厚労省のホームページをご覧下さい。

以下のアドレスをクリックすると新規ウィンドウで開きます。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/index.html

下腿静脈うっ滞性潰瘍について
下腿静脈うっ滞性潰瘍とは? その症状説明

下腿静脈うっ滞性潰瘍の発症のステップとしては、まず下肢静脈瘤などから症状が悪化していき、皮膚の色が変わる静脈うっ滞性皮膚炎になります。さらにそれらの患部に「膿む」等といった腫瘍ができ、静脈うっ滞性皮膚潰瘍になります。この静脈うっ滞性皮膚潰瘍が悪化するにしたがい、患部の静脈が破裂し、大きな傷口になったり、絶えず出血等が起こります。
症状

実際の治療方法

治療成績、および治療例

内視鏡下筋膜下穿通枝切離術過去10年間のSEPS手術成績は治癒率92.1 %という結果とともに、このSEPS手術に伴う重篤な合併症は全くありませんでした。また、この治療方法により、今まで改善がなかった患者様でも患部の皮膚の改善や治癒がみうけられ、問題が多かった日常の生活にも多大な貢献があると認識しております。以上のように、静脈うっ滞性潰瘍に対する治療法として非常に有効であると思われます。
症例
症例
症例

ご相談ください。

何れの症例も長期に亘り様々な治療を受けたが、改善や治癒がみられず、「難治性潰瘍」と診断されていた方が多く見うけられました。早期の診察、診断により、早く完治する可能性も多大にあります。当病院の先進医療SEPSは、効果が期待できるとともに患者様にも負担が少ない治療方法です。上記のような症状でお困りの方は、是非、当院、血管外科外来にお越しいただき、ご相談下さい。

血管外科外来:静脈瘤のコンテンツ
下肢静脈瘤について 下肢静脈瘤検査方法 下肢静脈瘤の治療法
下腿静脈うっ滞性潰瘍に対する新たな治療法 治療費について 弾性ストッキングの紹介
静脈瘤
血管外科外来:レーザー治療のコンテンツ
レーザー治療のメリット レーザー治療の流れ
静脈瘤レーザー治療
血管外科外来のコンテンツ
血管外科外来トップ リンパ浮腫トップページ 担当医ご紹介

内視鏡下静脈疾患治療研究会事務局

リンパ浮腫患者会「ひだまりの会」

血管外科外来関連ページ

  • 血管外科外来トップ
  • 静脈瘤
  • 下肢静脈瘤について
  • 下肢静脈瘤検査方法
  • 下肢静脈瘤の治療法
  • 下腿静脈うっ滞性潰瘍に対する新たな治療法
  • 治療費について
  • 弾性ストッキングの紹介
  • レーザー治療
  • レーザー治療のメリット
  • レーザー治療の流れ
  • リンパ浮腫トップページ
  • 担当医ご紹介

medical information

  • 診療時間
  • 初めての方へ
  • 院内施設 部署ご紹介
  • 患者職員支援部門
  • 医療安全管理部門
  • 看護部のご紹介
  • アクセス
  • ご紹介での診察
  • 入院のご案内

other information

  • 病院概要
  • たかの橋通信
  • よくある質問
  • 個人情報
  • リクルート
  • 次世代育成支援対策について
  • お問い合せ
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ

介護老人保健施設陽だまり

たかの橋中央病院
〒730-0042
広島県広島市
中区国泰寺町
2−4−16
TEL:(082) 242-1515
FAX:(082) 249-4929

紙屋町から電車で10分
鷹野橋電停すぐ前
駐車場完備