下肢静脈瘤の治療法:静脈瘤:血管外科外来:たかの橋中央病院
トップページへ
...Loading


*
Loading

下肢静脈瘤の治療法:静脈瘤・血管外科外来

下肢静脈瘤の治療方法について様々な療法をご説明しております。弾性ストッキング硬化療法ストリッピング術内視鏡下手術などの詳細と利点、不向きなケースなどご案内しております。

当院の治療法の推移

当院では1998年より内視鏡下不全穿通枝切離術(SEPS)を応用した静脈瘤手術を開始した。

これは広島大学医学部第二外科講師春田直樹医師が
考案した術式を導入したものである。

この結果、例えば大伏在静脈型静脈瘤において、
下腿の2箇所の小さな傷だけで、
根治度の高い治療が行えるようになった。

内視鏡下不全穿通枝切離術(SEPS)

(「手術」平成12年8月号より引用)

内視鏡下不全穿通枝切離術(SEPS)

SEPSに関する著書の紹介

医学雑誌「手術」平成12年8月号」
医学雑誌「手術」平成12年8月号」

International Journal of Angiology 11:17-22,2002
医学雑誌「手術」平成12年8月号」

当院の治療法

1.弾性ストッキング

進行を遅らせるが治癒は望めない。

関連の弾性ストッキングの紹介をご覧ください。

2.硬化療法

外来で治療可能だが再発の恐れ

下肢静脈瘤硬化療法

静脈瘤も早期であればこのように外来治療が可能です。

内視鏡下不全穿通枝切離術(SEPS)

硬化療法による静脈瘤消失の実例

硬化療法による静脈瘤消失の実例

硬化療法による静脈瘤消失の実例

クモの巣状静脈瘤への応用(Super Fine Sclerotherapy)

通常外来通院にて治療可能です。

硬化療法による静脈瘤消失の実例

3.ストリッピング術

多数の傷跡と神経障害の恐れ

4.内視鏡下手術・その他

難易度が高く適応症例を選択

内視鏡手術により脚の腫瘍治癒が得られた1例

症例:45歳,男性

病気の経過:
平成9年に左下腿潰瘍が生じ、下肢静脈瘤手術を受けるも改善得られず潰瘍増悪し、平成13年12月に当院紹介受診される。創部より緑膿菌とMSSAを検出する。

手     術:
平成14年1月11日内視鏡を用いた左下肢静脈瘤手術を施行。

平成13年12月13日外来受診時
(左下腿全周性にうっ滞性皮膚炎による色素沈着と2箇所の大きな潰瘍を認める)
平成13年12月13日外来受診時

平成15年8月29日外来受診時 (2箇所の潰瘍は治癒し、色素沈着も軽減している)
平成13年12月13日外来受診時

手術後の経過

うっ滞性皮膚炎の沈静化、潰瘍は手術後186日目に治癒が得られた。現在術後3年が経過したが、潰瘍の再発はありません。

これらの治療法の利点を組み合わせてbestの治療!

血管外科外来:静脈瘤のコンテンツ
下肢静脈瘤について 下肢静脈瘤検査方法 下肢静脈瘤の治療法
下腿静脈うっ滞性潰瘍に対する新たな治療法 治療費について 弾性ストッキングの紹介
静脈瘤
血管外科外来:レーザー治療のコンテンツ
レーザー治療のメリット レーザー治療の流れ
静脈瘤レーザー治療
血管外科外来のコンテンツ
血管外科外来トップ リンパ浮腫トップページ 担当医ご紹介

内視鏡下静脈疾患治療研究会事務局

リンパ浮腫患者会「ひだまりの会」

血管外科外来関連ページ

  • 血管外科外来トップ
  • 静脈瘤
  • 下肢静脈瘤について
  • 下肢静脈瘤検査方法
  • 下肢静脈瘤の治療法
  • 下腿静脈うっ滞性潰瘍に対する新たな治療法
  • 治療費について
  • 弾性ストッキングの紹介
  • レーザー治療
  • レーザー治療のメリット
  • レーザー治療の流れ
  • リンパ浮腫トップページ
  • 担当医ご紹介

medical information

  • 診療時間
  • 初めての方へ
  • 院内施設 部署ご紹介
  • 患者職員支援部門
  • 医療安全管理部門
  • 看護部のご紹介
  • アクセス
  • ご紹介での診察
  • 入院のご案内

other information

  • 病院概要
  • たかの橋通信
  • よくある質問
  • 個人情報
  • リクルート
  • 次世代育成支援対策について
  • お問い合せ
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ

介護老人保健施設陽だまり

たかの橋中央病院
〒730-0042
広島県広島市
中区国泰寺町
2−4−16
TEL:(082) 242-1515
FAX:(082) 249-4929

紙屋町から電車で10分
鷹野橋電停すぐ前
駐車場完備