患者職員支援部門
トップページへ
...Loading


*
トップページ / 患者職員支援部門
Loading

患者職員支援部門・たかの橋中央病院(広島市中区)

 当院では、2015年6月1日に『患者職員支援部門』を立ち上げました。名称のごとく“患者支援”と“職員支援”を行う部門です。副院長を部門長として、メンバーは看護師、ソーシャルワーカー、薬剤師、検査技師、事務職で構成しています。

組織図

設置の目的

  • 患者の苦情や相談等に対応し、医療の質の向上を図る。
  • 当院の職員、各種委員会等を横断的、継続的に支援し、
    チーム医療を推進する。
  • 臨床指標や診療報酬に対する情報や数値を管理する。

1.患者支援業務

(1)相談業務

  • 診療、看護、生活行動に関する相談
  • 不安や悩みなどのこころの相談
  • 医療安全に関する相談
  • 感染管理に関する相談
  • 苦情やクレーム対応
 

(2)情報提供

  • 入院説明に関すること
  • カルテ開示手続きに関すること
  • 医療情報、日常生活、患者ケアに関すること

2.職員支援業務

(1)医療の質、診療報酬に関する情報管理

  • 患者数、病床利用率、平均在院日数、在宅復帰率等の情報管理
  • 臨床指標、診療報酬に関する数値の集計
    (例)医療、重症度看護必要度評価、褥瘡発生状況、医療安全、感染管理等
  • 業務量の可視化に関する数値の管理

(2)職員の健康診断、ハラスメント、メンタルヘルスに関する業務

  • 一般職員健康診断
  • ストレスチェック調査

(3)職員への相談業務

  • 暴力、ハラスメント対策
  • メンタルヘルスケア

(4)看護部人材育成、職員研修の情報管理

  • クリニカルラダー研修、新人看護職研修の実施
  • 目標管理制度の推進
  • 院外研修、学会発表や参加状況の集計

(5)多職種チーム医療、各種委員会活動の支援

  • 医療安全、感染管理に関する情報提供
  • 医療情報、診療報酬に関する情報提供
  • 看護管理に関する情報提供
  • 褥瘡管理に関する情報提供
  • その他のチーム活動、各種委員会への情報提供

3.医療安全管理室業務

(1)医療安全管理指針

  1. 患者中心の視点に立ったチーム医療を実践する。
  2. 組織的に医療安全対策に取り組む。
  3. インシデントの報告と情報を共有する。
  4. 医療事故防止対策を検討し、実施・評価する。
  5. 医療事故発生時には適切に対応する。
  6. 患者相談窓口を設置する。
  7. 医療安全対策に関する研修を実施する。
  8. 医療安全対策マニュアルを改訂、周知する。

(2)医療安全管理体制

1)組織図

2)医療安全管理室の役割

 組織横断的に院内の医療安全管理を担うため、医療安全管理部門内に医療安全管理室を設置する。医療安全管理室は、医療安全管理者、リスクマネージャー、医療機器安全管理責任者、医薬品安全管理責任者、その他必要な職員で構成する。 医療安全対策委員会、医療安全推進チームとともに以下の活動を行う。

  1. 各部門における医療安全対策の実施状況の評価に基づき、医療安全確保のための業務改善計画書を作成し、それに基づく医療安全対策の実施状況をおよび評価結果を記録する。
  2. 医療安全対策委員会との連携状況、院内研修の実際、患者等の相談件数および相談内容、相談後の対応、その他の医療安全管理者の活動実績を記録する。
  3. 医療安全対策にかかる取り組みの評価等を行なうカンファレンスを週1回程度開催し、必要に応じて医療安全対策委員会のリスクマネージャーが参加する。
  4. 重大事故発生時は関連部署の聞き取りを行い、事故発生時の経過や状況をリスクマネージャーとともに整理する。
  5. インシデントや医療事故発生時の患者、家族、医療者のメンタルサポートを行なう。
  6. インシデントレポートの集計・分析を行い、当院の傾向と対策を検討し、職員に周知する。

 医療安全管理者は、医療安全管理部門長の指示を受け、各部門の医療安全推進担当者や職員と連携の上、医療安全管理室の業務を行う。医療安全管理者の行なう業務は、次の通りである。

  1. 医療安全管理部門の業務に関する企画立案および評価を行う。
  2. 定期的に院内を巡回し各部門における医療安全対策の実施状況を把握・分析し、医療安全確保のために必要な業務改善等の具体的な対策を推進する。
  3. 各部門における医療事故防止対策の担当者への支援を行う。
  4. 医療安全対策の体制確保のための各部門との調整を行う。
  5. 医療安全対策に係る体制を確保するための職員研修を企画・実施する。
  6. 相談窓口等の担当者と密接な連携を図り、医療安全対策にかかる患者・家族の相談に、適切に応じる体制を支援する。

3)インシデント、医療事故の報告システム

 当院では、「医療安全対策マニュアル」に基づいて、組織分析、事例分析、業務手順の確認、医療安全研修を行っています。職員は、日常医療現場で「ヒヤリ」、「ハット」した出来事や医療事故事例を報告し、未然防止対策と再発防止対策に取り組んでいます。そして、医療事故対策には患者さんとのパートナーシップが重要と位置づけています。

@用語の定義

*インシデント
 日常診療の場で誤った医療行為が患者に実施 される前に発見されたもの、あるいは誤って行なわれ たが患者に影響を及ぼすまでにいたらなかった事象で ある。 つまり、診療やケアにおいて「ヒヤリ」、 「ハッと」とした経験を有する事例をいう。

*医療事故
 医療の全過程において患者に発生した好ましくない人身事故をいう。医療提供側の過失の有無を問わず、不可抗力と思われる事象を含む。

医療過誤
 医療事故のうち医療機関、医療従事者に過失が あるものをいう。医療従事者が医療の遂行において、 医療的準則に違反して患者に被害を発生させた行為をいう。 

  
Aインシデントレポートに報告すべき範囲
対象 対象外
ア 患者に傷害が発生した事態(但し右欄に記載した事項を除く)
イ 患者に傷害が発生する可能性があった事態
ウ 患者や家族からの苦情(医療行為に関わるもの)

*上記のアとイに含まれるもの
・医療器具(医療材料や衛生材料)の不具合
・転倒・転落
・自殺・自殺企図
・無断離院
・予期しない合併症、続発症
・発見、対処(処置)の遅れ
・自己管理薬の服薬ミス
など
院内感染
A食中毒
B職員の針刺し
C暴行、傷害事件
D患者や家族の苦情
*上記については別途に報告するシステムがある。

国立大学付属病院安全管理室協議会資料より抜粋

B影響度分類(報告時点)
レベル 傷害の継続性 傷害の程度   内容
レベル0   エラーや医薬品・医療器具の不具合が見られたが、患者に実施されなかった。
レベル1 なし 患者に実害がなかった。(影響を与えた可能性は否定できない)
レベル2 一過性 軽度 処置や治療は行わなかった。(経過観察の強化、安全確認のための検査などは行った)
レベル3a 一過性 中等度 簡単な処置や治療を要した。(消毒、湿布、縫合、鎮痛剤の投与など)
レベル3b 一過性 高度 濃厚な処置や治療を要した。(バイタルサインの変化、人工呼吸器の装着、手術、入院日数の延長、外来患者の入院、骨折など)
レベル4a 永続的 軽度〜中等度 永続的な障害や後遺症が残ったが、有意な機能障害や美容上の問題は伴わない。
レベル4b 永続的 中等度〜高度 永続的な障害や後遺症が残ったが、有意な機能障害や美容上の問題は伴う。
レベル5 死亡   死亡(原疾患に自然経過によるものを除く)

※不可抗力によるもの、過失によるもの、予期せぬ事態などを含む

4) 患者・家族とのパートナーシップの推進
  1. 患者に応じた適切な正しい医療を提供するために、患者・家族から既往歴や現病歴、 薬歴などの正しい情報提供の協力を求める。
  2. 十分なインフォームド・コンセントにより患者・家族による自己決定を支援する。
  3. 医療行為の実施時は患者自身にフルネームで名乗ってもらうことで患者誤認を防止する。
  4. 薬剤投与時は患者・家族とともに患者氏名、薬剤名、投与時刻、用法を確認し、誤薬を防止する。
  5. 薬剤の副作用出現時は体調の変化を伝えるように説明、指導する。
  6. 転倒・転落防止対策を患者・家族とともに実施する。
  7. 患者からセカンドオピニオンの申し出があった場合は情報提供を行う。
  8. 患者・家族から医療に関する質問や情報開示を求められた場合は情報提供する。
  9. 医療者は患者の回復、社会復帰、苦痛緩和を目標に治療方針を共有しチーム医療を 推進する。
  10. 広島県医療支援センターの相談窓口からの患者・家族の意見を受け、対策を検討 する。
  11. 患者・家族の意見、苦情、相談ごとは、部署の職員や患者相談室の職員が受ける。 また、施設内の複数個所に「ご意見箱」を設置し、患者・家族の声(意見)を収集する。

*ご意見箱の設置場所:外来(1階、2階)、病棟(4階、5階、6階)、7階談話室

5)医療安全研修
  1. 施設内研修の開催は、医療安全に関する基本的な考え方、医療安全管理指針を理解し、個々の職員が安全に業務を遂行するための知識の習得、技術の向上を目指すことを目的とする。
  2. 施設内の全職員を対象とした研修は、医療安全委員会が中心となり、1年に2回以上、 開催する。
  3. 新採用者職員は、入職時に教育委員会が開催する共通研修を受講する。
  4. 医療安全管理者や職員は、積極的に施設外の医療安全学会や研修を
    受講する。

(3)院内感染管理指針

 当院では、患者・職員への感染症の伝播リスクを最小限にするために、「スタンダードプリコーション」を実践し、あわせて感染症発症時には経路別予防対策を実施する。 また、個別および病院内外の感染症に関する情報を職員間で共有し、院内感染の危険および発生に対して迅速に対応する。  さらに、院内感染事例の発生時は、速やかに調査を行い、その原因を究明し、感染経路を遮断し、感染拡大の改善策を実施する。

4)院内感染対策体制

1)組織図

2)院内感染対策委員会(ICTリンクナース)の活動

  1. 委員会は毎月1回行い、必要に応じて臨時委員会を開催する。
  2. 院内感染対策マニュアルを整備し、職員へ周知する。
  3. 院内感染の未然防止対策の実施を指導し、評価する。
  4. 院内感染が発生した場合は現状を把握し、対処方法の方針を決定する。
  5. 院内感染防止のために必要な職員教育・健康管理を行なう。
  6. 抗菌薬の適正使用をモニターし指導する。
  7. 院内の衛生環境を整える。
  8. 院内感染サーベランスを行なう。
  9. 近隣医療機関との定期的なカンファレンスを行なう。
  10. 定期的に感染情報に関するニュースレターを発行する。また、必要な情報や 対策のポスター掲示を行う。

患者相談室のご案内

 患者相談窓口では、患者さんとご家族の皆様からのご相談やご意見をお伺いしています。からだや日常生活に関する不安や悩み、病院や医療安全に関する意見、治療費や社会資源に関するお困りのことなどがありましたら、お気軽にお立ち寄りください。 ご相談されたことによって診療に不利益を被ることはありません。また、皆様からのご意見は、当院の医療の質の向上に役立たせていただきます。

【相談受付時間】

月曜日、火曜日、水曜日、金曜日:9:00〜18:00

木曜日、土曜日:9:00〜12:00

medical information

  • 診療時間
  • 初めての方へ
  • 院内施設 部署ご紹介
  • 地域連携室・医療相談室
  • 患者職員支援部門
  • 看護部のご紹介
  • アクセス
  • ご紹介での診察
  • 入院のご案内

other information

  • 病院概要
  • たかの橋通信
  • よくある質問
  • 個人情報
  • リクルート
  • 次世代育成支援対策について
  • お問い合せ
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ

介護老人保健施設陽だまり

たかの橋中央病院
〒730-0042
広島県広島市
中区国泰寺町
2−4−16
TEL:(082) 242-1515
FAX:(082) 249-4929

紙屋町から電車で10分
鷹野橋電停すぐ前
駐車場完備