糖尿病外来:たかの橋中央病院
トップページへ
...Loading


*
トップページ / 糖尿病外来
Loading

糖尿病外来:食事療法、運動療法

糖尿病外来
糖尿病は血液中の糖分(ブドウ糖)が高い状態(高血糖)が続く病気です。すい臓から出るインスリン(血糖を下げる働きを持つホルモン)が分泌されにくくなったり、効き目が悪くなるためにおこります。 名前から「尿に糖が出る病気」と考えられがちですが、血液中のブドウ糖の量が問題なのです。糖尿病外来では、食事療法から運動療法、そしてご家族のサポートなどトータルにケアいたします。

糖尿病外来:たかの橋中央病院

診療時間

毎週 火曜日 金曜日 午前中
午前9:00〜12:30(但し土曜13:30)

 
内科3診   保澤     保澤  
午後            

午前中・火曜日、金曜日のみの診察です。

担当 医師

保澤 真紀

食事療法

食事療法で肝心なのが、摂取量を守る事です。余分なエネルギーを取りすぎなければ、食べていけないものはありません。 食事療法は、糖尿病治療の原点でもあり、毎日の治療です。「食事のタイミング」、「摂取量」、「食品のバランス」、これら3点を守ることが大切です。メディカルチェックでご自分の状態が確認できたら、栄養士からの指導を受け、正しい食事の摂り方を習得しましょう。ただし、食事は、毎日のことですからご家族のサポートが不可欠です。どのようなサポートが効果的で改善につながるか、当外来では、患者さんのご家族共々、献身的に指導させていただきます。

運動療法

運動療法は文字通り運動することで余分なエネルギーを消費します。それにより血糖値を下がると共に、習慣的に運動することでインスリンが効きやすい体質になります。運動不足の方ほど効果があります。 また、運動前には、ご自分の状態をよく把握しておくことが重要です。担当医とよく相談し、メディカルチェックを行ってください。毎日、続けられる運動を選ぶことが大切ですが、これが難しく、続けるためには、何かとサポートが必要です。糖尿病外来では、様々な工夫やアイデアで乗り越えられるようバックアップいたします。

薬物療法

食事療法と運動療法だけで血糖のコントロールがうまくいかない場合に、薬物療法を行います。 血糖を下げる飲み薬や、インスリン注射が使われます。

糖尿病教室のご案内

第3金曜日午後13:30より老健2階会議室において、内科外来主任看護師による、糖尿病教室を行っています。糖尿病は生涯自己管理をしていかなければならない病気です。健康的な生活を送るには糖尿病の正しい知識を学び、セルフケアの方法を身につける必要があります。糖尿病に興味のある方も大歓迎です。受講内容の詳細は外来まで。

medical information

  • 診療時間
  • 初めての方へ
  • 院内施設 部署ご紹介
  • 地域連携室・医療相談室
  • 患者職員支援部門
  • 看護部のご紹介
  • アクセス
  • ご紹介での診察
  • 入院のご案内

other information

  • 病院概要
  • たかの橋通信
  • よくある質問
  • 個人情報
  • リクルート
  • 次世代育成支援対策について
  • お問い合せ
  • リンク
  • サイトマップ
  • トップページ

介護老人保健施設陽だまり

たかの橋中央病院
〒730-0042
広島県広島市
中区国泰寺町
2−4−16
TEL:(082) 242-1515
FAX:(082) 249-4929

紙屋町から電車で10分
鷹野橋電停すぐ前
駐車場完備